砂川秀樹さんに応援メッセージをいただきました!

こんばんは! TDU学生広報チームです。

今日は、文化人類学者でゲイ・アクティビストの砂川秀樹さんが、私たちのクラウドファンディングへお寄せくださった応援のメッセージをご紹介します。
暖かい、素敵なメッセージをいただきました。ありがとうございます!
砂川秀樹さんには、リターンにも設定している特別オンラインシンポジウム(2020年12月頃開催)に講師として登壇していただきます!

【砂川秀樹さんからのメッセージ】
雫穿大学として新しいスタートを切った、彼らと私のつきあいは2008年6月、講演に招かれたことに始まる。
それをきっかけに、私は、学生たちが企画運営する映画祭や演劇などに顔を出すようになり、また、何度か話をする機会もいただいた。そうする中で、私は力づけられてきた。苦しさや寂しさを抱えているときも、足を運び、ひたむきな学生たちの顔を見ると、ほっとする私がいた。そこにいつも温かい光を感じたからだ。
ほとんどが不登校の経験を持つ学生たちは、それぞれに、生きづらさを感じることも少なくないようだ。しかし、その場には光がある。それは、生きづらさに向き合い、生を充実させる模索と実践を仲間と繰り返していることから生まれているのだろう。
そうした場が、そして、そこから発せられる光=希望が、今の社会にどれだけ必要かいうまでもない。ひとりひとりの応援で、その光=希望はさざなみのようにひろがっていくことだろう。

 

現在、学びの場を整えるためのクラウドファンディングに挑戦中です!
若者たちが「自分である」ことを諦めずに、「生きる」「働く」を創っていける学びの場設立のため、皆さまのご注目・ご支援・拡散をぜひよろしくお願いいたします!
https://camp-fire.jp/projects/view/328743

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です