学びの環境づくりの進捗:空き箱がたくさん出ました!

こんばんは! TDU学生広報チームです!

引っ越しも大変でしたが、その荷を解き、新たな場所に配置・収納するのも大変な作業です。
広さ自体は旧大学よりも狭くなったため物の置き場所には工夫が必要です。

たくさんの荷物が何とか収まるように、「ああでもないこうでもない」「いやいやこうでしょ」「あ、これじゃダメだ、、、」と、皆でアイデアを出し合い進めて行きます。

蔵書一つとっても中々の量があります。
一つ一つの段ボールを開け、丁寧に分類し収めて行きます。

荷物が収納されていくと同時に空の段ボールが部屋の隅に積み上げられ行きます。
下の写真はたった1日に出た空の段ボールの、さらにその一部です。
空の段ボールのタワーが毎日のように現れるその光景は圧巻であります。

もともと荷物がすごく多いので全てが片付くにはあと数ヶ月はかかるのではないでしょうか。

そんな片付け作業の中、根を詰め過ぎていても疲れるだけですので、ふざけたり遊んだりして気晴らしをしながら進めております。
三枚目の写真の二人は何をやっているんでしょうね、、、。よく分かりませんが楽しそうです。
片付け作業により、疲労が溜まっているのも事実ですが楽しみながら学びの場所作りを日々進めています。

現在、学びの場を整えるためのクラウドファンディングに挑戦中です!
若者たちが「自分である」ことを諦めずに、「生きる」「働く」を創っていける学びの場設立のため、皆さまのご注目・ご支援・拡散をぜひよろしくお願いいたします!
https://camp-fire.jp/projects/view/328743

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です