講座紹介:生命論

こんにちは!てきせん大学学生広報チームです。
 てきせん大学には、いろんな講座がありますが、実は昨年から続くコロナウイルス感染症への対策で、ほとんど開けていない講座もあります。
 思想家でありTDU・てきせん大学のアドバイザーでもある最首悟さんの「生命論(いのちろん)」講座もその一つです。
 最首悟さんは、長年「生命(いのち)」とは何なのか、いのちにかかわることを考え続けていらっしゃいます。

 「生命の論」なんて書くとやけに難しそうだったり、お説教じみていたりな話を想像してしまいますが、最首さんの生命論はそんなことはありません(難しい話はありますが…)。
 時事問題やご自身の経験、今注目している他の学者さんの本のことなど、僕らに身近なことも、初めて聞くようなことも含めて、いろんなところを切り口に話してくださいます。最首さんが今まさに気になって考えていることを率直に、とっても優しい語り口で、和気あいあいとした雰囲気で聞くことができる講座です。

 最近は、「二者性」「あなたのあなたとしてのわたし」といったことが「いのち」を考える時の重要なカギになるとよく話題にでます。
 コロナ禍が収まらない現状では次回の講座予定は見通せませんが、学生たちが、こんなご時世だからこそ「いのち」のことを考えたいと心待ちにしている「生命論」講座です。

てきせん大学学生広報チーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です