「雫穿大学と出会って」

こんにちは! 学生広報チームです。
今日は新入学生が大学で感じていることを書いた記事を掲載します。

学生Hさん「雫穿大学と出会って」

はじめまして。私は2021年の5月から、雫穿大学に入学し活動をしています。まだ入ったばかりですが、だからこそ書ける事はなんだろう? そう考えた末、私はこの大学に入学するきっかけを書くことにしました。

私は2021年で24歳になったのですが、2019年に大学院受験をして、2020年の4月に、それまで通っていた大学とは別の大学院に進学しました。そこは当時の私の第一志望でした。希望通りに事が進んだように見えたのですが、大学院が始まってからすぐ、私は大学院に関わることが精神的に苦しくなり始め、1ヶ月が過ぎる頃には、その事を考えるだけで辛い、ずっと苦しい、そんな状態にまでなっていました。1人ではどうにも立ち直れなかった私は、家族に泣きつき病院に頼り、結果一度休学をしました。でも、多少は楽になったものの、心の苦しみは変わらず、大学院に戻りたいとも思えず…ついに昨年の3月、私は大学院を辞めてしまいました。

心を病んだ理由。私は未だに、それをうまく開示できません。”そんな理由”で病んだ私は、他者から受け入れられない・許されない。だから私自身でさえも認められない。あの頃から私の中は、”自己否定”で渦巻いてしまいました。そんな折に、よく訪れていた公共図書館でたまたま見かけた一枚のチラシが、私にこの大学の存在を知らせてくれました。「自己否定感と向き合う」「自己否定を自ら研究する」場所。当時の私には、どうしたって無視できない内容でした。

それから数ヶ月を経て、私は雫穿大学に入ることを決めました。この場で様々な講座に取り組んでいて、すでにその多様な取り組みに、私は影響を受けています。ただ、どの講座や学びよりも、この大学に居られる、そのことが何よりも私に影響していて、その感覚が何よりも私の救いになっているように思います。誰からも、自分からも認められない。そんな”自己否定”が渦巻いて、私はこの世界のどこにも居場所がない気がしていました。でも、そんな私が存在できる、みんなの居るこの場所に助けを求める事もできる。そう感じられることは本当に、私がこの大学と出会って得た、何物にも変え難い経験だと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

体験入学では…