10年目のそれぞれの3.11を話し合いました

こんにちは。雫穿
てきせん
大学学生広報チームです。

先日の運営会議の時間に3.11について学生・スタッフそれぞれの思いを話しました。
10年が経過した今、改めて地震があった日のことや、学生たちが継続して関わっている東北の漁師さんとの事などの話をしました。
まだまだ復興の道半ばです。これからも震災について考え続け、できる形で東北の方々と関わっていこうと思っています。

また、雫穿
てきせん
大学の備えとしては、震災10年を機に防災グッズを見直しています。ヘルメットやラジオ、ライトなどどんな災害にも対応できるように想像を膨らませながら購入しています。ガスボンベで動く暖房器具もあり、とても暖かいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です